知っとこ!公務員の財務

スポンサードリンク

契約事務記事一覧

公務における請負工事契約締結の事務の流れ

1 起 工設計書・図面等の作成をします。2 起 案財務会計システムより「起工兼契約締結依頼書」を作成します。※この際、業者選定もあわせておこなう(3社)※選定の際は、指名業者が偏らないように注意する3 決 裁「起工兼契約締結依頼書」の決裁をします。通常、課長決裁です。4 指名通知「起工兼契約締結依頼...

≫続きを読む

公務における印刷・製本発注における注意点とは

@ 印刷製本は、物品購入と異なり、契約上製造の請負になります。印刷製本の契約では主管課契約、契約係契約に係らず、仕様書の内容について事前に十分検討する必要があります。また、前回作成した印刷物の「現物」などがあれば、仕様説明の際に使用しますので、締結依頼の際に「現物」をご用意ください。A 印刷内容(文...

≫続きを読む

準備契約と、議会に付すべきべき契約

準備契約とは会計年度独立の原則により、年度開始前に入札や契約締結を行うことはできません。しかし、4月1日に、契約締結しなければならない案件は多数存在します。準備契約とは、入札等の契約締結に必要な処理を年度開始前に予算が議決されることを前提とした準備行為としておこなっている非常に例外的な処理です。@ ...

≫続きを読む

どんな公務員の契約に印紙は必要になるの?

印紙税法(昭和42年5月31日法律第23号)に基づき、課税物件に該当する一定の文書(課税文書)に対して課される税金です。業者は契約書の正本に印紙を貼付する必要があります。@ 単純に物の売買であれば印紙は必要ありません(消耗品・備品・燃料等)。A 請負になるものは印紙が必要になります(委託・印刷・修繕...

≫続きを読む

公務における契約の仕様書の作成例(委託・印刷物・賃貸借など)

仕様書はどのような履行を求める契約かを業者に示し、契約書の一部となる重要な書類であり、仕様書に記載されていない事項の履行を求めることはできません。ですから、様式に沿った内容である必要があります。例1 委託契約(業務委託)仕様書○○業務委託(標準)仕様書1.件名    ○○○実施計画策定業務委託2.委...

≫続きを読む

主管課で契約を結ぶ場合の流れはこうしよう

主管課で契約を取り交わす場合、以下の表の流れで処理を行うようにしましょう。@ 契約内容の決定・購入物品、委託する事業内容、借上げする機器等契約する内容を決める・履行期間(いつまでに納品しなければならないか、事業はいつからいつまで行うか)を決めるA 予定金額の設定と業者選定・インターネットで市場価格を...

≫続きを読む

公務員はどうやって契約する?契約締結方法の種類

契約の相手は?自分の自治体の登録業者でできる案件については、自治体内業者を優先して選定します。自治体内の産業を活性化させる意味合いがあります。登録業者について登録業者は以下のような取り決めが通例です。@ 根拠法令地方自治法施行令第167条の11第2項A 競争入札参加資格申請ア 「物品」と「工事」の2...

≫続きを読む

主管課が契約できない場合は、契約係が間に入って入札を行う

契約の種類や、金額によっては主管課で直接契約が出来ない場合があります。基準は自治体によって異なりますが、そういった場合は契約係が間に入った契約になります。契約係に契約締結依頼をする場合の注意点は以下の通りです。@ 予算があるA 事業執行するために必要があるB 余裕のある納期、工期を設定する(契約事務...

≫続きを読む

公務員における契約とは?契約事務の基本

契約の概念契約とは、私法上の法律効果を発生させる私法上の契約と公法上の法律効果を発生させる公法上の契約があります。どちらも当事者間で約束を取りかわすことですが、通常、私達が「契約」と称しているのは、売買・賃借・請負等の私法上の債権契約だけを意味しています。契約の成立契約が成立するためには、「申し込み...

≫続きを読む

スポンサードリンク