財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理

スポンサードリンク

財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理

1 意義

 

債務名義を有する金銭債権の債権者の申立てにより、裁判所が債務者に対してその財産内容の開示を命じる制度である。

 

強制執行手続に実効性を持たせるために、平成16年4月から制度化された。

 

これまでは、強制執行の対象財産は、債権者が自分で調べる以外になく、これが見つからなかったり、債務者に隠匿された場合、債務名義を取得して強制執行を実施しようとしても効果が上がらないケースも少なくなかった。

 

2 特徴

 

財産開示手続の特徴として次の点があげられる。

 

@)金銭債権の債権者に限られる。

 

A)仮執行宣言付判決、支払督促、執行認諾文言付公正証書を除いた執行力ある債務名義の正本を有する債権者であること。

 

B)債務者が出頭・宣誓することが予定されているので、公示送達によることはできない。

 

また、次の点が要件とされている。

 

@)強制執行や担保権の実行によって完全な弁済を受けられなかった場合。

 

A)債務者の知れている財産に強制執行や担保権の実行をしても完全な弁済を受けられない場合。

 

B)債務者が3年以内に財産開示期日に財産について陳述していないこと。

 

3 手続きの概要

 

(1)申立て

 

a)申立書

 

財産開示手続申立ては、「財産開示手続申立書」を提出して行う。記載事項は次のとおりである。

 

@)申立人、債務者及び代理人の表示

 

A)請求債権

 

B)申立要件(民執法197条)

 

実際上は、「財産開示手続申立書」本文に、「当事者目録」、「請求債権目録」を綴じ込み一体として作成する。

 

b)添付書類

 

@)代理人指定書

 

A)執行力のある債務名義の正本(仮執行宣言付判決、支払督促、執行認諾文言付公正証書を除く)

 

B)債務名義が判決の場合は確定証明書

 

C)送達証明書

 

D)債務者の住民票、商業登記簿謄本

 

E)目録の余部

 

「当事者目録」、「請求債権目録」の余部を各4部

 

c)申立費用

 

@)印紙

 

2,000円

 

A)郵便切手

 

郵便切手の額・内訳は各裁判所により異なる。

 

d)管轄

 

債務者の住所、居所、営業所又は事務所を管轄する地方裁判所の専属管轄である(民執法196条)。

 

(2)申立て後の手続きの流れ

 

a)実施決定

 

裁判所は、申立てを受けると、財産開示手続きの実施決定を行い(民執法197条)、申立債権者と債務者を財産開示期日(実施決定確定後1ケ月程度)に呼び出す(民執法198条)。

 

また、債務者には、その財産目録の事前提出を命じる(期日の約10日前まで)。

 

b)財産開示期日

 

財産開示期日当日は、債務者が財産内容について陳述し、債権者はこれに対して質問等を行うことができ(民執法199条)、債務者の財産に対する強制執行や担保権の実行申立に必要な事項が明らかとなる。

 

債務者が出頭して、全部開示陳述を行ったときに手続きは終了する。

 

なお、債務者の不出頭、虚偽陳述等があった場合の罰則が定められている。

スポンサードリンク

財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理関連ページ

新公会計制度の財務諸表の具体的な活用方法とは
時効が完成した場合の請求の可否は?|自治体の債権管理
個人である債務者が破産した場合における債務者に対する請求の可否は
保証人がいる場合、消滅時効はどのようになるのか|自治体の債権管理
資力要件と認定資料について|自治体の債権管理
債権放棄できる条件と手続き方法とは|自治体の債権管理
債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理
民事債権と商事債権の区別の基準とは|自治体の債権管理
時効の中断事由にはどんな種類があるか|自治体の債権管理
欠損処理の対象と方法とは|自治体の債権管理
時効の援用・放棄の方法とは|自治体の債権管理
消滅時効期間は長さとは|自治体の債権管理
時効制度の趣旨と意義とは|自治体の債権管理
時効の起算点はいつか|自治体の債権管理
支払督促の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
少額訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
個人民事再生手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
民事再生手続と債権者としての対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れと必要書類とは|自治体の債権管理
即決和解の費用と流れ、必要書類など|自治体の債権管理
破産手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
保全処分の流れとは|自治体の債権管理
弁護士から債務整理の受任通知が届いた時の対応方法|自治体債権管理
債権の申出をする場合とは|自治体の債権管理
担保提供の請求|自治体の債権管理
履行期限の繰上げ|自治体の債権管理
公正証書とは何か。どのように作成するのか|自治体の債権管理
専決処分に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査|自治体の債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?|自治体の債権管理
強制執行の種類と流れとは|自治体の債権管理
合意を成立させる場合の注意点|自治体の債権管理
貸金業ガイドラインとは|自治体の私債権管理で使えるポイント
内容証明郵便とは|公務ではどのような場合に使うのか、作成方法は?
担保権(抵当権)の実行の方法と費用など|自治体の債権管理
徴収停止の要件と適用上の問題点とは|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|自治体の債権管理
督促の方法と法的効果とは|自治体の債権管理
履行延期の特約等について|自治体の債権管理
連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?
公務における債権のおすすめな収納管理の方法
公務における債権管理の際の台帳・ファイルの管理方法
保証人になろうとする者の意思確認はどうずればよいか|公務員貸付
過去に破産免責になった人へ貸し付けてもよいか|公務員の貸付業務
期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務
自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは
自治体の貸付債権の発生原因と、貸付の手続き方法
公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ
公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは
自治体債権の管理に関する基本法規とは