私人に対する支出事務の委託ができる場合とは?公務の支出の特例

スポンサードリンク

私人に対する支出事務の委託ができる場合とは?公務の支出の特例

@ 特定の経費については、私人に必要な資金を交付して、支出事務の委託をすることができます。 →【自治令】165条の3(支出事務の委託)
A 支出事務の委託を受けた者は、その結果を会計管理者に報告しなければなりません。

 

(1)? 私人に対して支出事務を委託できる経費の範囲
次のとおり、委託できる範囲を、定めています。
ア 外国で支払をする経費
イ 遠隔の地又は交通不便の地域で支払をする経費
ウ 報償金その他これに類する経費
エ 非常災害のため即時支払を必要とする経費
オ 諸払戻金及びこれに係る還付加算金

 

(2)? 私人に対する支出事務の委託に関する事務
資金の交付、支払案内書その他の事務処理などについて、定めています。

スポンサードリンク

私人に対する支出事務の委託ができる場合とは?公務の支出の特例関連ページ

決算とは|自治体の決算事務の流れを分かりやすく解説
金銭会計でよく使う帳簿を解説|予算差引簿などの帳簿の使い方
金銭会計での収入と支出の管理方法|大口収支通知、会計監査など
公有財産等に属する有価証券と財産の記録管理のやり方
雑部金とは?科目更正、振替収支などの処理方法を分かりやすく解説
支払遅延防止法の請求書の支払期限は?15日30日ルールの起算日
自治体が口座振替払ができる場合とは?公務の支出の特例と仕組み
会計管理者の支払事務とは|入出金、支払証などの事務を解説
繰替払とは?地方自治法の繰り替えの使い方を分かりやすく解説!
送金払(隔地払)とは?公務の支出の特例が出来る場合を解説!
自治体が公共料金を支払うときはどうする?公務の支出の特例を解説
前金払いと概算払いの違いは?前金でないと契約しがたい請負、買入れ借入れに要する経費とは
資金前渡の意味とは?前渡できる経費&概算払いとの違いを徹底解説!
概算払いの意味とは?旅費には使える?精算方法と資金前渡との違い
支出命令書とは?請求日と履行確認、年度末処理の方法を併せて解説
公務員の契約事務、財務でよくある質問をQ&A形式で解説!
一般需用費、役務費、委託料、手数料の違いとは?自治体予算科目を解説
支出負担行為とは?兼命令書との違いや令達の流れなども併せて解説!
公務における支出とは?支弁、資金前渡、概算払いの違いを解説
還付未済額、収入未済額、過年度収入等の意味と処理方法を簡単に解説
公務における歳入方法の種類を解説|歳入振替、証券、証紙納付など
金銭出納員の現金事務などを解説!公務員の収納事務とは
自治体の債権の時効について知っておこう|地方自治法236条の解説
調定とは?事後調定、納付書、納入通知書の違いを徹底解説|自治体会計
出納整理期間における過年度支出・収入、滞納繰越などの事務を解説
会計管理者との協議、報告などの種類とは|期限はいつまで?
現金出納員と取扱員の違いとは?出納機関の役職の意味を解説