自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは

スポンサードリンク

自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは

貸付条例の多くは当該貸付けをなすに当たり連帯保証人を付けることを要求しています。また、例は少ないですが、抵当権の設定を要求していますものもあります。 連帯保証、抵当権はいずれも履行確保の手段として用いられる担保の一種です。そこで、ここでは、保証及び抵当権の設定に関する基本的な法律事項について説明します。

 

1 (連帯)保証

 

(1)保証人は、主たる債務者がその債務を履行しない場合にその履行の責めに任ずることによって主たる債務を担保します(民法446条T)。

 

(2)保証人が負担する保証債務は、債権者と保証人との契約により生じます。なお、民法446条2項は、「保証契約は、書面でしなければ、その効力を生じない。」としています。

 

(3)保証債務の内容は、原則として主たる債務と同一です。したがって、保証債務は、主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償その他その債務に従たるすべてのものを包含します(民法447条T)。

 

(4)保証債務は主たる債務とは別個の債務です。したがって、元本の一部についてのみ保証するなど、主たる債務よりも軽い内容のものであっても構いません。しかし、次に述べる附従性により重い内容のものにすることはできません。

 

もっとも、本市町村で用いられている借用書は、その殆どが「連帯して債務履行の責任を負う」としており、保証人は主たる債務者と同一内容の債務を負うことになっています。

 

(5)保証債務は、主たる債務に附従する(保証債務の附従性)。

 

保証債務は主たる債務の履行の担保を目的としていますので、主たる債務が不成立であったり、債務内容が変更されたり、消滅したりしたときは、保証債務もそれに応じて不成立、変更、消滅します。また、保証債務はその態様において主たる債務よりも重いものであってはなりません。

 

(6)保証債務は、原則として、補充性を有する(保証債務の補充性)。

 

保証債務は、主たる債務の履行がない場合に二次的に履行すべき債務です。したがって、保証人が債権者から請求を受けたときには、先ず主たる債務者に請求せよと主張でき(催告の抗弁。民法452条T)、また、主たる債務者に資力があって弁済も容易であることを立証して、先ず主債務者の財産に執行するよう主張できます(検索の抗弁。民法453条)。ところが、連帯保証においては、上記の両抗弁は認められません(補充性がない。民法454条)。それ故、債権者からすると、連帯保証の方が実効性があり、当市町村の貸付条例の多くも連帯保証人を付けることを要求しています。

 

2 抵当権

 

(1)抵当権者は、債務が弁済されない場合に、その債務の担保として供された物を競売手続に付し、その競売代金から優先的弁済を受ける権利を有します(民法369条)。強制的に、かつ一般債権者に先んじて弁済を受けることができるので、債権の担保となります。

 

(2)抵当権は債権者と担保目的物の所有者との間の契約により発生します。

 

(3)抵当権も債権の担保ですから附従性を有します。それ故、被担保債権が存在しなければ抵当権は存在しません。

 

(4)抵当権は物権ですので、登記をしなければ、抵当権の存在を第三者に対抗できません(民法177条)。

スポンサードリンク

自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは関連ページ

新公会計制度の財務諸表の具体的な活用方法とは
時効が完成した場合の請求の可否は?|自治体の債権管理
個人である債務者が破産した場合における債務者に対する請求の可否は
保証人がいる場合、消滅時効はどのようになるのか|自治体の債権管理
資力要件と認定資料について|自治体の債権管理
債権放棄できる条件と手続き方法とは|自治体の債権管理
債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理
民事債権と商事債権の区別の基準とは|自治体の債権管理
時効の中断事由にはどんな種類があるか|自治体の債権管理
欠損処理の対象と方法とは|自治体の債権管理
時効の援用・放棄の方法とは|自治体の債権管理
消滅時効期間は長さとは|自治体の債権管理
時効制度の趣旨と意義とは|自治体の債権管理
時効の起算点はいつか|自治体の債権管理
財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理
支払督促の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
少額訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
個人民事再生手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
民事再生手続と債権者としての対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れと必要書類とは|自治体の債権管理
即決和解の費用と流れ、必要書類など|自治体の債権管理
破産手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
保全処分の流れとは|自治体の債権管理
弁護士から債務整理の受任通知が届いた時の対応方法|自治体債権管理
債権の申出をする場合とは|自治体の債権管理
担保提供の請求|自治体の債権管理
履行期限の繰上げ|自治体の債権管理
公正証書とは何か。どのように作成するのか|自治体の債権管理
専決処分に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査|自治体の債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?|自治体の債権管理
強制執行の種類と流れとは|自治体の債権管理
合意を成立させる場合の注意点|自治体の債権管理
貸金業ガイドラインとは|自治体の私債権管理で使えるポイント
内容証明郵便とは|公務ではどのような場合に使うのか、作成方法は?
担保権(抵当権)の実行の方法と費用など|自治体の債権管理
徴収停止の要件と適用上の問題点とは|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|自治体の債権管理
督促の方法と法的効果とは|自治体の債権管理
履行延期の特約等について|自治体の債権管理
連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?
公務における債権のおすすめな収納管理の方法
公務における債権管理の際の台帳・ファイルの管理方法
保証人になろうとする者の意思確認はどうずればよいか|公務員貸付
過去に破産免責になった人へ貸し付けてもよいか|公務員の貸付業務
期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務
自治体の貸付債権の発生原因と、貸付の手続き方法
公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ
公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは
自治体債権の管理に関する基本法規とは