連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?

スポンサードリンク

連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?

1 完納した場合

 

(1)代位

 

a)法定代位

 

弁済をすることについて法律上の利害関係を有する者(連帯保証人や物上保証人など)は、弁済によって当然に債権者に代位します(民法500条)。これを法定代位といいます。借受人本人以外の者が弁済したときは、債権は消滅するわけではなく、当該債権は弁済者に移転します。これを代位といいます。

 

b)任意代位

 

弁済について法律上の利害関係を有しない者(例えば、保証人になっていない借受人の父親)も弁済できるが、債務者の意思に反して弁済することはできません(民法474条但書後段)。

 

したがって、第三者が弁済する場合、債務者の意思に反しないかどうかを確認してから弁済を受けた方がよいが、確認してからでなければ弁済を受けることができないというわけではありません。通常は意思に反することはないから、債務者から事前に知らされていた場合(例えば、父親が代わりに払うと言っているが、絶対に受け取らないでくれと債務者から言われていた場合)、その他認識し得る事情から客観的にみて意思に反する場合以外は、弁済を受けても後に問題になることは殆どないものと思われます。

 

法律上の利害関係を有しない第三者も、その弁済と同時に債権者の承諾を得て、債務者のために弁済して債権者に代位することができます(民法499条)。これを任意代位といいます。

 

通常は、承諾しない理由はないから、よほどの事情がない限り承諾して差し支えありません。よほどの事情とは、代位者が過酷な取立てをすることが明らかですような場合が考えられます。法律上の利害関係がない者からの弁済を受領する義務はありません。それ故、市町村の公的立場からすれば、上記のような事情が認められるときは弁済受領を断った方がいいでしょう。

 

c)代位の効果

 

法定代位、任意代位を間わず、債権者が有していた債権は代位弁済者に移転し、代位弁済した者は債務者に求償することができます(民法501条)。この権利を求償権といいます。債権の移転に伴って、これに随伴する権利、即ち、担保権も移転します(同条)。

 

(2)証書等の返還

 

代位弁済によって全部の返済を受けた債権者は、債権に関する証書及び自己の占有する担保物を代位者に交付しなければなりません(民法503条T)。債権者に対し、証書等を交付することにより代位者が求償権を行使するのを容易にしてやる義務を認めたものです。

 

当市町村においては、貸付けの際、必ず借用書を徴収することになっており、保証人が完納したときは、借用証書は保証人に返還しなければなりません。法律上の利害関係を有しない第三者が完済したときも同様です。

 

なお、元利金の支払いが終わっても延滞金が残っている場合には、完納したことにはならないので、証書等の交付義務はありません。

 

(3)借受人に対する通知

 

任意代位の場合には、対抗要件としての債務者に対する通知や債務者の承諾が必要です(民法499条U)。それ故、代位弁済を受けた旨の通知を出すべきです。通知の方法は、不送達によるトラブルを避けるため配達証明付き郵便によるのが望ましいです。

 

これに対して、法定代位の場合は、法律上当然に代位し、対抗要件としての債務者に対する通知や債務者の承諾は不要です。したがって、保証人から代位弁済を受けた旨の通知は、民法上は不要ですが、二重弁済の防止にもなり、通知をした方がよいでしょう。

 

なお、借受人が所在不明などにより通知書が返戻となった場合は、通知書に所在不明などの理由を書いた付箋を付すなどしてファイルに保存しておくとよいです。

 

2 一部弁済した場合

 

(1)代位

 

債権の一部について代位弁済があったときは、代位者は、その弁済をした価額に応じて、債権者とともにその権利を行使することができます(民法502条T)。

 

債務者の返済が滞り、貸付金の償還金を保証人が納付した場合などがそうです(保証人が償還金を納付し続け、結局、保証人が最後まで支払った場合は上記「完納した場合」にあたる。)。

 

(2)証書への代位記入

 

債権の一部について代位弁済があった場合には、債権者は証書にその代位を記入し、かつ自己の占有する担保物の保存を代位者に監督させなければなりません(民法503条U)。

 

しかし、保証人から償還金の納付のあった都度、証書に代位の記入をする必要は、実際にはありません。保証人の求償権を行使しやすくしてやることに趣旨がありますから、前述したように、誰が、いつ、いくら支払いをしたのかをきちんと台帳上管理していれば、保証人に対し、いつでも支払状況を開示できるので、証書に代位を記入する必要はありません。

 

(3)借受人に対する通知

 

完納した場合と同様です。

スポンサードリンク

連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?関連ページ

新公会計制度の財務諸表の具体的な活用方法とは
時効が完成した場合の請求の可否は?|自治体の債権管理
個人である債務者が破産した場合における債務者に対する請求の可否は
保証人がいる場合、消滅時効はどのようになるのか|自治体の債権管理
資力要件と認定資料について|自治体の債権管理
債権放棄できる条件と手続き方法とは|自治体の債権管理
債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理
民事債権と商事債権の区別の基準とは|自治体の債権管理
時効の中断事由にはどんな種類があるか|自治体の債権管理
欠損処理の対象と方法とは|自治体の債権管理
時効の援用・放棄の方法とは|自治体の債権管理
消滅時効期間は長さとは|自治体の債権管理
時効制度の趣旨と意義とは|自治体の債権管理
時効の起算点はいつか|自治体の債権管理
財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理
支払督促の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
少額訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
個人民事再生手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
民事再生手続と債権者としての対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れと必要書類とは|自治体の債権管理
即決和解の費用と流れ、必要書類など|自治体の債権管理
破産手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
保全処分の流れとは|自治体の債権管理
弁護士から債務整理の受任通知が届いた時の対応方法|自治体債権管理
債権の申出をする場合とは|自治体の債権管理
担保提供の請求|自治体の債権管理
履行期限の繰上げ|自治体の債権管理
公正証書とは何か。どのように作成するのか|自治体の債権管理
専決処分に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査|自治体の債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?|自治体の債権管理
強制執行の種類と流れとは|自治体の債権管理
合意を成立させる場合の注意点|自治体の債権管理
貸金業ガイドラインとは|自治体の私債権管理で使えるポイント
内容証明郵便とは|公務ではどのような場合に使うのか、作成方法は?
担保権(抵当権)の実行の方法と費用など|自治体の債権管理
徴収停止の要件と適用上の問題点とは|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|自治体の債権管理
督促の方法と法的効果とは|自治体の債権管理
履行延期の特約等について|自治体の債権管理
公務における債権のおすすめな収納管理の方法
公務における債権管理の際の台帳・ファイルの管理方法
保証人になろうとする者の意思確認はどうずればよいか|公務員貸付
過去に破産免責になった人へ貸し付けてもよいか|公務員の貸付業務
期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務
自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは
自治体の貸付債権の発生原因と、貸付の手続き方法
公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ
公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは
自治体債権の管理に関する基本法規とは