送金払(為替等による支払)とは?〜公務の支出の特例〜

スポンサードリンク

送金払(為替等による支払)とは?〜公務の支出の特例〜

(1)? 送金払(為替等による支払)の意義
送金払(為替等による支払)とは、遠隔地にいる債権者と特に送金を必要と認める債権者に対して、指定金融機関に、為替等の方法によって支出させる制度です。
【自治令】(隔地払)
第165条 【地方自治法】第235条〔金融機関の指定〕の規定により金融機関を指定している普通地方公共団体において、隔地の債権者に支払をするため必要があるときは、会計管理者は、指定金融機関又は指定代理金融機関に必要な資金を交付して送金の手続をさせることができる。この場合においては、その旨を債権者に通知しなければならない。
2 指定金融機関又は指定代理金融機関は、前項の規定により資金の交付を受けた場合において、当該資金の交付の日から1年を経過した後は、債権者に対し支払をすることができない。この場合においては、会計管理者は、債権者から支払の請求を受けたときは、その支払をしなければならない。
【通知】隔地以外の者に対しては、たとえ本人が隔地払(送金払)を希望した場合でも、隔地払によることはできない(昭和38年12月19日)。

 

スポンサードリンク

 

(2)? 送金の手続
送金払(為替等による支払)は、為替(送金支払通知書)によります。
送金払(為替等による支払)をするに当たっては、支出命令書の該当欄にその旨を表示し、次の送金支払通知書を添付してください。 @送金支払通知書(控え)⇒会計室保管 A送金支払通知書⇒指定金融機関保管、 B送金通知書⇒本人あてに送付 C送金支払資金受領書⇒指定金融機関確認後、会計室保管 D郵送したことの証拠書類(記録簿)⇒指定金融機関保管

 

(3)? 送金払(為替等による支払)の再送と戻入
@? 債権者の住所変更などにより、為替が債権者に到達せずに返送された場合には、指定金融機関は、送金支払未済通知書兼再送・戻入通知書(甲・乙・丙)を作成し、乙と丙を会計管理者に送付します。
A? 会計管理者は、丙により収支命令者に通知します。
収支命令者は、債権者の住所などを確認し、再度の送金が適当であると認めるものについては、丙用紙の「再送」に丸を付け、下欄に正しい内容を記載して、収支命令者の決裁後、速やかに会計管理者に送付してください。
B? 再度の送金の不可能なものは、丙用紙の戻入に丸を付け、収支命令者の決裁後、収入通知書と納付書を合わせて会計室に送付し、戻入の手続を行ってください。
C? 乙は会計管理者が保管し、丙は指定金融機関が保管します。

スポンサードリンク

送金払(為替等による支払)とは?〜公務の支出の特例〜関連ページ

決算とは|自治体の決算事務の流れを分かりやすく解説
金銭会計でよく使う帳簿を解説|予算差引簿などの帳簿の使い方
金銭会計での収入と支出の管理方法|大口収支通知、会計監査など
公有財産等に属する有価証券と財産の記録管理のやり方
雑部金とは?科目更正、振替収支などの処理方法を分かりやすく解説
支払遅延防止法の請求書の支払期限は?15日30日ルールの起算日
私人に対する支出事務の委託〜公務の支出の特例〜
口座振替払とは〜公務の支出の特例〜
会計管理者の支払事務とは
繰替払とは?地方自治法における繰り替え使用を分かりやすく解説
公務における公共料金の支払いの仕組み〜公務の支出の特例〜
前金払いと概算払いの違いは?前金でないと契約しがたい請負、買入れ借入れに要する経費とは
資金前渡の意味とは?前渡できる経費&概算払いとの違いを徹底解説!
概算払いの意味とは?旅費には使える?精算方法と資金前渡との違い
支出命令書とは?請求日と履行確認、年度末処理の方法を併せて解説
公務員の契約事務でよくある質問と回答(Q&A)
一般需用費、役務費、委託料、手数料の違いとは?自治体予算科目を解説
支出負担行為とは?兼命令書との違いや令達の流れなども併せて解説!
公務における支出の意義って?「支出」の基本
還付未済額、収入未済額、過年度収入等の意味と処理方法を簡単に解説
公務における歳入の納付方法にはどんなものがある?
公務員の具体的な「収入事務」はどんなもの?
自治体の債権の時効について知っておこう|地方自治法236条の解説
調定とは?事後調定、納付書、納入通知書の違いを徹底解説|自治体会計
出納整理期間における過年度支出・収入、滞納繰越などの事務を解説
会計上の協議などと各種の期限
金銭会計とは?金銭事務の機関と組織