履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理

スポンサードリンク

履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理

履行延期の特約等(自治令176条の6。以下、単に「履行延期の特約」という。)には、所定の適用要件がある。以下に、適用上の問題点について述べる。

 

1 回収の見込みが全くない場合についても履行延期の特約等の措置を講ずることができるか。

 

債務者が無資力又はこれに近い状態にあるときであっても、いずれ支払ってもらうことが前提だから、無資力状態にあって、かつ将来にわたって回収の見込みがないときは、適用がないとも考えられる。しかし、将来のことは誰もわからないのであるから、いずれ「著しい生活困窮状態にあり、資力の回復が困難であると認められる」として放棄するとしても、しばらく様子をみるということでよいと考える。

 

なお、全く支払能力がないわけではない場合、多くのケースでは分納の措置を採るのが妥当だと思われる。

 

2 年賦払いを月賦払いに変更した場合に適用があるか。

 

履行延期の特約は納期限を延期する場合の規定であって、年賦払いを月賦払いに変更するのは、本来の償還期限を延期するものではないから、適用はない。したがって、それは運用上の問題であり、上記規定の要件を満たす必要はない。月賦払いの方が一般的には返済しやすいと思われるので、債務者から要請があればこれに応じるべきである。

 

3 最終納期限をこえる滞納金の分納や償還方法の組み替えは可能か。

 

償還期間をこえて履行延期の特約をすることは、償還期間の定めに違反するとの見解もある。

 

しかし、自治令171条の6は、市町村長に償還期間についての変更権限を付与したものと解される。実際上も、最終納期限をこえる履行延期の特約ができないとしたら、債務不履行に陥った多くの場合について、事実上、履行延期の特約ができないこととなり、不都合極まりない。

 

4 既に発生している滞納金について、当初の最終償還日までに納付が終了する方法で分納の合意をした場合にも適用があるか。

 

既発生の償還金については、本来支払うべき期限を延長しているのであるから、上記規定の適用があると解する。したがって、上記規定の要件を満たしていなければ、そのような合意はできない。

スポンサードリンク

履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理関連ページ

新公会計制度の財務諸表の具体的な活用方法とは
時効が完成した場合の請求の可否は?|自治体の債権管理
個人である債務者が破産した場合における債務者に対する請求の可否は
保証人がいる場合、消滅時効はどのようになるのか|自治体の債権管理
資力要件と認定資料について|自治体の債権管理
債権放棄できる条件と手続き方法とは|自治体の債権管理
債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理
民事債権と商事債権の区別の基準とは|自治体の債権管理
時効の中断事由にはどんな種類があるか|自治体の債権管理
欠損処理の対象と方法とは|自治体の債権管理
時効の援用・放棄の方法とは|自治体の債権管理
消滅時効期間は長さとは|自治体の債権管理
時効制度の趣旨と意義とは|自治体の債権管理
時効の起算点はいつか|自治体の債権管理
財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理
支払督促の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
少額訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
個人民事再生手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
民事再生手続と債権者としての対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れと必要書類とは|自治体の債権管理
即決和解の費用と流れ、必要書類など|自治体の債権管理
破産手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
保全処分の流れとは|自治体の債権管理
弁護士から債務整理の受任通知が届いた時の対応方法|自治体債権管理
債権の申出をする場合とは|自治体の債権管理
担保提供の請求|自治体の債権管理
履行期限の繰上げ|自治体の債権管理
公正証書とは何か。どのように作成するのか|自治体の債権管理
専決処分に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査|自治体の債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?|自治体の債権管理
強制執行の種類と流れとは|自治体の債権管理
合意を成立させる場合の注意点|自治体の債権管理
貸金業ガイドラインとは|自治体の私債権管理で使えるポイント
内容証明郵便とは|公務ではどのような場合に使うのか、作成方法は?
担保権(抵当権)の実行の方法と費用など|自治体の債権管理
徴収停止の要件と適用上の問題点とは|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|自治体の債権管理
督促の方法と法的効果とは|自治体の債権管理
履行延期の特約等について|自治体の債権管理
連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?
公務における債権のおすすめな収納管理の方法
公務における債権管理の際の台帳・ファイルの管理方法
保証人になろうとする者の意思確認はどうずればよいか|公務員貸付
過去に破産免責になった人へ貸し付けてもよいか|公務員の貸付業務
期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務
自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは
自治体の貸付債権の発生原因と、貸付の手続き方法
公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ
公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは
自治体債権の管理に関する基本法規とは