債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理

スポンサードリンク

債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理

債権を放棄するには議会の議決を得ることが原則であるが、法律若しくはこれに基づく政令に特別の定めがある場合は議会の議決は不要である(自治法96条TI)。自治法240条Vに基づく自治令171条の7による免除はその場合の1つである。

 

1 法令の確認

 

(1)自治法、自治令の規定

 

地方公共団体の長は、債権について、政令の定めるところにより、債務の免除をすることができる(自治法240条V)。この自治法の規定を受けて、自治令171条の7第1項は「免除が認めらる条件」として、債務者が無資力又はこれに近い状態にあるため履行延期の特約又は処分をした債権について、当初の履行期限(当初の履行期限後に履行延期の特約又は処分をした場合は、最初に履行延期の特約又は処分をした日)から10年を経過した後において、なお、債務者が無資力又はこれに近い状態にあり、かつ、弁済することができる見込みがないと認められるときは、当該債権及びこれに係る損害賠償金等を免除することができることを定めている。

 

この自治令171条の7第1項の規定は、自治令171条の6第1項5号に掲げる理由により履行延期の特約をした貸付金に係る債権で、同号に規定する第三者が無資力又はこれに近い状態にあることに基づいて当該履行延期の特約をしたものについて準用される。この場合の免除については、債務者が当該第三者に対する貸付金について免除することを条件としなければならない(自治令171条の7U)。

 

自治令171条の7第1項及び2項の免除には、議会の議決は不要である(自治令171の7V)。

 

履行延期の特約等(自治令171条の6)は、強制徴収公債権については適用を除外しているので、免除の規定の適用があるのは私債権及び非強制徴収公債権だけである。

 

 

 

2 適用上の留意事項

 

(1)免除は単独行為であること

 

免除とは、債権を無償で消滅させる債権者の行為であり、債権の放棄と同義である。債務者の意思に関係なく、債権者の意思だけですることができる(単独行為)。和解により一部免除する場合のように、契約により免除することも可能である。また、条件を付けて免除することも可能である。

 

(2)条件の「無資力又はこれに近い状態」の意味

 

「無資力」とは、@)資産がないか、あっても他の債務の担保に充てられており、無価値に等しいこと、かつ、A)収入が生計若しくは事業を維持するに足りないと認められること、つまり返済余力がないことをいう。

 

「無資力に近い状態」と、は、無資力とまではいえないが、これに準ずる場合をいうと解される。収入が少ないため、当該債権を約定どおりに返済させると生計若しくは事業を維持できなくなると認められる場合などがこれにあたる。

 

(3)保証人から徴収できるときは免除できないこと

 

借受人において、免除の要件が備わっていることが確認できたとしても、直ちに免除の手続きに入ってはいけない。主債務について免除をすると保証人の保証債務も消滅してしまうからである。保証人からの債権回収が可能であるうちは、これを消滅させてはならない。したがって、保証人についても免除若しくは次に述べる債権放棄の要件を満たしているかどうか確認しなければならない。

 

(4)事務処理手続き

 

各所管において免除の手続きを準則化することが望ましい。もっとも、免除の規定は要件が大変厳しく、適用できる案件は殆どないものと思われる。)。

 

その場合、原則として債務者からの申請によるものとする。但し、債務者が行方不明になっていることがあり得る。この場合は、債務者からの申請はあり得ないので、別途、事務処理手続を定めておく必要がある。

 

また、適用要件を検討するに必要な裏付け資料についても標準化しておくべきである。

 

決裁権者の決済を得たら、債務者、保証人へ通知する必要がある。免除の意思表示は相手方に到達しなければ効力を生じない(民法97条T)からである。但し、債務者若しくは保証人が行方不明の場合には通知は不要である。この場合、法律上、債権は存続することになるが、会計上、欠損処理をして差し支えない。

 

免除の場合、全額弁済を受けたわけではないが、借用書など債務者等から入手した書類の扱いについては、完納した場合に準じた事務処理を行うこととする。

スポンサードリンク

債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理関連ページ

新公会計制度の財務諸表の具体的な活用方法とは
時効が完成した場合の請求の可否は?|自治体の債権管理
個人である債務者が破産した場合における債務者に対する請求の可否は
保証人がいる場合、消滅時効はどのようになるのか|自治体の債権管理
資力要件と認定資料について|自治体の債権管理
債権放棄できる条件と手続き方法とは|自治体の債権管理
民事債権と商事債権の区別の基準とは|自治体の債権管理
時効の中断事由にはどんな種類があるか|自治体の債権管理
欠損処理の対象と方法とは|自治体の債権管理
時効の援用・放棄の方法とは|自治体の債権管理
消滅時効期間は長さとは|自治体の債権管理
時効制度の趣旨と意義とは|自治体の債権管理
時効の起算点はいつか|自治体の債権管理
財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理
支払督促の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
少額訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
個人民事再生手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
民事再生手続と債権者としての対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れと必要書類とは|自治体の債権管理
即決和解の費用と流れ、必要書類など|自治体の債権管理
破産手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
保全処分の流れとは|自治体の債権管理
弁護士から債務整理の受任通知が届いた時の対応方法|自治体債権管理
債権の申出をする場合とは|自治体の債権管理
担保提供の請求|自治体の債権管理
履行期限の繰上げ|自治体の債権管理
公正証書とは何か。どのように作成するのか|自治体の債権管理
専決処分に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査|自治体の債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?|自治体の債権管理
強制執行の種類と流れとは|自治体の債権管理
合意を成立させる場合の注意点|自治体の債権管理
貸金業ガイドラインとは|自治体の私債権管理で使えるポイント
内容証明郵便とは|公務ではどのような場合に使うのか、作成方法は?
担保権(抵当権)の実行の方法と費用など|自治体の債権管理
徴収停止の要件と適用上の問題点とは|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|自治体の債権管理
督促の方法と法的効果とは|自治体の債権管理
履行延期の特約等について|自治体の債権管理
連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?
公務における債権のおすすめな収納管理の方法
公務における債権管理の際の台帳・ファイルの管理方法
保証人になろうとする者の意思確認はどうずればよいか|公務員貸付
過去に破産免責になった人へ貸し付けてもよいか|公務員の貸付業務
期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務
自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは
自治体の貸付債権の発生原因と、貸付の手続き方法
公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ
公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは
自治体債権の管理に関する基本法規とは