公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは

スポンサードリンク

公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは

債権の意義

 

1 自治体が管理の対象としている債権

 

地方公共団体が財産として管理の対象としている債権は、金銭の給付を目的とする権利、即ち、金銭債権です(自治法240条T)。

 

自治法において、地方公共団体の「財産」とは、公有財産、物品及び債権並びに基金をいいます(自治法237条T)。

 

公法上の原因に基づいて発生する債権(以下「公債権」という。)と、私法上の原因に基づいて発生する債権(以下「私債権」という。)とを問いません。

 

公債権は、@)地方税の滞納処分の例により強制徴収できるものと(以下「強制徴収公債権」という。)、A)滞納処分の例によることができないもの(以下「非強制徴収公債権」という。)とに区分できます。

 

「強制徴収公債権」、「非強制徴収公債権」、「私債権」という3種類の債権は、債権管理の方法及び時効制度等についてそれぞれ異なった取扱いをしていますので、債権管理を進めていくうえではこの点に充分留意する必要があります。

 

強制徴収公債権は、次の5つに限定されています(自治法231条の3V)。

 

@)地方税

 

A)分担金(自治法224条)

 

B)加入金(同法226条)

 

C)過料(同法228条V等)

 

D)法律で定める使用料その他の地方公共団体の歳入(同法附則6条)

 

スポンサードリンク

 

債権管理の基本原則

 

1 債権管理の意義

 

債権管理とは、債権について、債権者として行うべき保全、取立、内容の変更及び消滅に関する事務をいいます。

 

2 法令遵守

 

行政は法に基づいて執行され、事務処理されなければなりません。これは行政事務全般に通ずる原則です。債権管理は、債権管理に関する自治法、同施行令のみならず、各種行政法規、民商法の規定、条例その他の法令に則って行われなければなりません。

 

3 公正かつ合理的・能率的な処理

 

財務法規に通ずる原則として、一般的には、財務事務処理について、「公正を確保すること」と「合理化・能率化を図ること」があります。債権管理についても、この2つの原則が当てはまります。この2つの原則は、具体的な事務処理の場面において、互いに矛盾することもあり、債権管理に関する法規の解釈や運用に当たっては、これらを調和させるよう十分に留意する必要があります。

 

4 首長の責務

 

首長は、法令又は条例若しくはこれに基づく規則の定めに従い、市町村の私債権の徴収に努めなければなりません(私債権条例等)。これは私債権について定めたものですが、市町村が保有する債権の管理に関する事務について、その最高責任者です首長として当然の責務を規定したものであり(自治法149条E参照)、公債権についても妥当します。

 

また、市町村の債権の管理に関する事務は、法令又は条例若しくはこれに基づく規則の定めるところに従い、財政上もっとも市町村の利益に適合するように処理されなければなりません(「国の債権の管理等に関する法律」10条に同旨の定めがあります。)。

 

スポンサードリンク

公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは関連ページ

新公会計制度の財務諸表の具体的な活用方法とは
時効が完成した場合の請求の可否は?|自治体の債権管理
個人である債務者が破産した場合における債務者に対する請求の可否は
保証人がいる場合、消滅時効はどのようになるのか|自治体の債権管理
資力要件と認定資料について|自治体の債権管理
債権放棄できる条件と手続き方法とは|自治体の債権管理
債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理
民事債権と商事債権の区別の基準とは|自治体の債権管理
時効の中断事由にはどんな種類があるか|自治体の債権管理
欠損処理の対象と方法とは|自治体の債権管理
時効の援用・放棄の方法とは|自治体の債権管理
消滅時効期間は長さとは|自治体の債権管理
時効制度の趣旨と意義とは|自治体の債権管理
時効の起算点はいつか|自治体の債権管理
財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理
支払督促の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
少額訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
個人民事再生手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
民事再生手続と債権者としての対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れと必要書類とは|自治体の債権管理
即決和解の費用と流れ、必要書類など|自治体の債権管理
破産手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
保全処分の流れとは|自治体の債権管理
弁護士から債務整理の受任通知が届いた時の対応方法|自治体債権管理
債権の申出をする場合とは|自治体の債権管理
担保提供の請求|自治体の債権管理
履行期限の繰上げ|自治体の債権管理
公正証書とは何か。どのように作成するのか|自治体の債権管理
専決処分に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査|自治体の債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?|自治体の債権管理
強制執行の種類と流れとは|自治体の債権管理
合意を成立させる場合の注意点|自治体の債権管理
貸金業ガイドラインとは|自治体の私債権管理で使えるポイント
内容証明郵便とは|公務ではどのような場合に使うのか、作成方法は?
担保権(抵当権)の実行の方法と費用など|自治体の債権管理
徴収停止の要件と適用上の問題点とは|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|自治体の債権管理
督促の方法と法的効果とは|自治体の債権管理
履行延期の特約等について|自治体の債権管理
連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?
公務における債権のおすすめな収納管理の方法
公務における債権管理の際の台帳・ファイルの管理方法
保証人になろうとする者の意思確認はどうずればよいか|公務員貸付
過去に破産免責になった人へ貸し付けてもよいか|公務員の貸付業務
期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務
自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは
自治体の貸付債権の発生原因と、貸付の手続き方法
公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ
自治体債権の管理に関する基本法規とは