期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務

スポンサードリンク

期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務

1 期限の利益の喪失の意義

 

例えば、1月31日が支払期限の約束でお金を貸した場合、貸主は1月31日が到来しないと借主に対して返済を請求できない。このように、期限が未だ到来しないことによって当事者が受ける利益を「期限の利益」という(民法135条)。

 

ところで、貸金の場合、特定の期限に貸金全額を一括で返済するという約束よりも、例えば「毎月末日に10万円ずつの10回払い(総額100万円)」というような分割返済の合意がなされるのが大半です(本市町村の貸付金の多くは分割返済方式です。)。

 

スポンサードリンク

 

分割返済の合意がなされている場合は、例えば、1月末日に1月分の10万円の期限が到来し、2月末日に2月分の10万円の期限が到来することになるため、仮に、3月1日の時点で1〜2月分が全く支払われていなくても、3月分については期限が到来していないので、3月分以降の返済(残り8回分)を同時点で全額請求することは原則としてできません。但し、後述する民法等の法令に定める事由が生じた場合には、債務者の有していた「期限の利益」が喪失され、債権者は債務者に対して貸金全額の請求をすることができるようになります(民法137条等)。

 

しかしながら、これらの法令上の規定のみでは不十分なことから、通常、貸金契約等では、特定の事項に該当する事実が生じた場合には期限の利益を喪失し、債権者が残債務全額を一括請求できるという、「期限の利益喪失条項」が設けられています。

 

回収の場面では、期限の利益を喪失させることはとても重要な意味を持ちます。特に、保証債務の履行請求、相殺、不動産競売申立といった場面では、分割金の期限未到来の分も含めて可能な限り回収を図るためには、期限の利益を喪失させ、全額請求できる体制を整える必要があります。

 

2 期限の利益喪失事由

 

(1)民法上の期限の利益喪失事由

 

民法137条に定められている期限の利益喪失事由は次の@)ないしB)の3つです。

 

@)債務者が破産手続開始の決定を受けたとき(1号事由)

 

A)自ら担保をき滅し、又はこれを減少させたとき(2号事由)

 

B)担保を提供する義務を負いながらこれを供しないとき(3号事由)

 

(2)契約上の期限の利益喪失事由

 

契約上の期限の利益喪失条項は、債務者の信用状況が悪化した場合や、他の債権者が差押えをした場合などに、債権者から全額の請求を可能にするために設けられており、公序良俗に反するなどの特別な事情がない限り、原則として当事者の合意で決まるため、その種類を全て列挙することはできません。

 

そこで、便宜的に、期限の利益喪失約款の最大公約数的な内容を持つ契約として、銀行取引約定書に記載されている期限の利益喪失事由を列挙します。

 

スポンサードリンク

 

なお、期限の利益喪失条項には、一定の事由が生じた場合には期限の利益が当然に喪失するというタイプのものと(いわゆる「当然失期」条項)、一定の事由が生じたことに加えて、債権者から請求を行うことによって期限の利益を喪失するというタイプのもの(いわゆる「請求失期」条項)があり、銀行取引約定書では、両方が定められており、一般的には、債務者の信用悪化が明らかな事由の場合は当然失期、そこまで至らない事由の場合は請求失期というようになっています。

 

a)当然失期

 

@)支払停止又は破産・民事再生・会社更生・会社整理開始若しくは特別清算開始の申立てがあったとき。

 

A)手形交換所の取引停止処分を受けたとき。

 

B)債務者又は保証人の預金その他の銀行に対する債権について仮差押え、保全差押又は差押えの命令、通知が発送されたとき。

 

C)住所変更を怠るなど債務者の責に帰すべき事由によって、銀行に債務者の所在が不明になったとき。

 

b)請求失期

 

@)債務者が銀行に対する債務の一部でも履行を遅滞したとき。

 

A)担保の目的物について差押え、又は競売手続の開始があったとき。

 

B)債務者が銀行との間の取引約定に違反したとき。

 

C)その他債権保全を必要とする相当の事由が生じたとき。

 

(3)自治体債権の特殊性

 

市町村の貸付条例では、@)貸付金の融資目的外使用や、A)首長の指示に従わなかったとき、あるいはB)首長が特に必要と認める事実があるときなどが期限の利益喪失事由となっている点に特殊性があります。

 

但し、このうちA)、特にB)についてはその有効性に問題があります。前述したように、貸付債権は条例によって発生するのではなく、契約によって発生するものです。対等な当事者間で締結された契約が一方当事者の判断のみによって効力を失うことになるというような定めは無効の可能性が高いといえます。このことは、民法133条が「停止条件付法律行為は、その条件が単に債務者の意思のみに係るときは、無効とする。」と定めていることからも言えます。

 

但し、B)については、限定的に解釈することによって有効となる可能性もあります。銀行の場合も、上記のとおり、「その他債権保全を必要とする相当の事由が生じたとき」という一般条項があり、こうした条項を設ける必要性もあります。それ故、一般条項とは言っても、その程度の限定があれば有効と解されます。しかし、上記B)の文言それ自体から銀行の一般条項と同義だと解するのは難しく、やはり記載文言を変更することが望ましい。

スポンサードリンク

期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務関連ページ

新公会計制度の財務諸表の具体的な活用方法とは
時効が完成した場合の請求の可否は?|自治体の債権管理
個人である債務者が破産した場合における債務者に対する請求の可否は
保証人がいる場合、消滅時効はどのようになるのか|自治体の債権管理
資力要件と認定資料について|自治体の債権管理
債権放棄できる条件と手続き方法とは|自治体の債権管理
債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理
民事債権と商事債権の区別の基準とは|自治体の債権管理
時効の中断事由にはどんな種類があるか|自治体の債権管理
欠損処理の対象と方法とは|自治体の債権管理
時効の援用・放棄の方法とは|自治体の債権管理
消滅時効期間は長さとは|自治体の債権管理
時効制度の趣旨と意義とは|自治体の債権管理
時効の起算点はいつか|自治体の債権管理
財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理
支払督促の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
少額訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
個人民事再生手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
民事再生手続と債権者としての対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れと必要書類とは|自治体の債権管理
即決和解の費用と流れ、必要書類など|自治体の債権管理
破産手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
保全処分の流れとは|自治体の債権管理
弁護士から債務整理の受任通知が届いた時の対応方法|自治体債権管理
債権の申出をする場合とは|自治体の債権管理
担保提供の請求|自治体の債権管理
履行期限の繰上げ|自治体の債権管理
公正証書とは何か。どのように作成するのか|自治体の債権管理
専決処分に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査|自治体の債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?|自治体の債権管理
強制執行の種類と流れとは|自治体の債権管理
合意を成立させる場合の注意点|自治体の債権管理
貸金業ガイドラインとは|自治体の私債権管理で使えるポイント
内容証明郵便とは|公務ではどのような場合に使うのか、作成方法は?
担保権(抵当権)の実行の方法と費用など|自治体の債権管理
徴収停止の要件と適用上の問題点とは|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|自治体の債権管理
督促の方法と法的効果とは|自治体の債権管理
履行延期の特約等について|自治体の債権管理
連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?
公務における債権のおすすめな収納管理の方法
公務における債権管理の際の台帳・ファイルの管理方法
保証人になろうとする者の意思確認はどうずればよいか|公務員貸付
過去に破産免責になった人へ貸し付けてもよいか|公務員の貸付業務
自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは
自治体の貸付債権の発生原因と、貸付の手続き方法
公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ
公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは
自治体債権の管理に関する基本法規とは