公務における物品の区分とは|備品、消耗品、動物、材料品、不用品

スポンサードリンク

公務における物品の区分とは|備品、消耗品、動物、材料品、不用品

物品は、その形状、品質、耐久度及び使用目的によって整理区分され、備品、動物、消耗品、材料品、不用品の5種類に区分しています。

 

(1)備 品
形状、性質を変えることなく、長期間継続して使用に耐える物品をいいます。
自治体が所有する備品については、財務システム等に記録し管理します。
@ 消費税相当額を含んだ購入予定価格が、3万円以上の物品を備品として取り扱います。
A 事務用の机、椅子、寄贈された美術品は、価格にかかわらず備品として取り扱います。
B 永続性のある標本、陳列品は、価格にかかわらず備品として取り扱います。
C 備品のうち、取得価格(税込)100 万円以上の物品は、重要物品として取り扱います。

 

※ 記念品、支給品、贈与物品や実験、調査研究等のために消費されるものは、消耗品に区分されます。
※ 消費とは、燃やしたり、溶かしたり、または刻んだりして消失してしまうか、その原型をとどめず変質してしまう場合や、使用することによってその本来の使用目的を失ってしまうような場合をいいます。

 

(2)動 物
ほ乳動物類、鳥類、は虫類、その他動物園や公園で鑑賞などのために飼育する動物は、購入金額等により以下のように取り扱います。
@ 購入予定価格が3万円以上の動物は、備品として出納手続きを行います。
A 購入予定価格が3万円未満の動物は、消耗品として出納手続きを行います。
B 消耗品として受入れた動物が、成長して3万円以上の価値を持った場合は、その時点で備品として出納手続きを行います。

 

(3)消 耗 品
使用することにより、短期間で消耗又は破損しやすい物品をいいます。
@ 消費税相当額を含んだ購入予定価格が、3万円未満の物品は消耗品として取り扱います。
A 金券類、支給品、贈与目的の物品は、価格にかかわらず消耗品として取り扱います。
B 実験、調査、研究、講習会又は行事用等のために消費される物品は、価格にかかわらず消耗品として取り扱います。
C 放鳥、放流のために飼養する動物は、価格にかかわらず消耗品として取り扱います。
D カーテン、暗幕、図書、ソフトウェア(購入)その他会計管理者が認める物品は、価格にかかわらず消耗品として取り扱います。

 

(4)材 料 品
工事や工作、生産のために必要なものとして消費される物品は、価格にかかわらず材料品として取り扱います。
※ 工事に使用される砂利、建造物の構成部分となる木材などは材料品に区分されます。

 

(5)不 用 品
老朽化や修理不能で使用できなくなった物品や、区において使用する目的が無い、又は使用する目的が無くなった物品は、不用品として取り扱います。
※ 工事や作業現場で発見、発生した使用目的のない物品などは、不用品に区分されます。

スポンサードリンク