地方自治体債権の督促の効力とは?その意味と具体的な方法を解説

スポンサードリンク

地方自治体債権の督促の効力とは?その意味と具体的な方法を解説

日頃から債務者の返済状況に注意を払い、債務者が履行遅滞に陥った場合には、回収のための措置を速やかに講じていく必要があります。その最初の手続きが督促です。

 

1 法令の確認

 

地方公共団体の長は、債権について、履行期限までに履行しない者があるときは、期限を指定してこれを督促しなければなりません(自治令171条)(*1)。

 

同条は、自治法231条の3第1項に規定する歳入に係る債権については、その適用を除外しています。これは、同条同項に規定する歳入、即ち、分担金、使用料、加入金、手数料及び過料その他の地方公共団体の歳入については、同条同項により、地方公共団体の長は督促しなければならない旨明らかにされています。ここで、「その他の地方公共団体の歳入」とは公法上の歳入をいうと解されています。つまり、同条同項は、公債権についての規定と解されています。したがって、自治令171条の適用がありますのは、公債権以外の債権、即ち、私債権ということになります。

 

なお、「履行期限」とは、納入通知書により納入の通知を行う場合にあっては当該通知書に記載された納期限をいいます。

 

スポンサードリンク

 

2 督促の法的効果

 

上記次第で、公債権、私債権のいずれについても督促の定めがありますことになるが、債権の種類により督促の法的意味合いは異なってきます。

 

強制徴収公債権にあっては、滞納処分の前提要件であり、督促がなされない限り、滞納処分手続きに入れません。非強制徴収公債権及び私債権にあっては、督促を行ってもなお納付がないときは、裁判上の手続きにより強制的に債務内容の実現を図るほかないから、この場合の督促は民法上の催告と同義です。

 

自治法231条の3第1項による督促をした公債権については、条例に定めることにより手数料及び延滞金を徴収することができる(自治法231条の3U)。私債権については、同条同項の適用はありません。したがって、条例で定めても手数料及び延滞金を徴収することはできません(金銭消費貸借契約書に、利息、遅延損害金、手数料に関する定めをおくことは別論であります。)。

 

自治法231条の3第1項による公債権についての督促、施行令171条による私債権についての督促はいずれも絶対的な時効中断の効力があります(自治法236条W)。

 

もっとも、時効中断の効力を生じるのは最初の督促だけでありますので、注意を要します。

 

スポンサードリンク

 

3 督促する時期、督促の方法

 

督促は、原則として納期限経過後20日以内に発するものとし、その督促により指定すべき履行期限は、その発した日から15日以内において定めるものとします。

 

督促は、自治法及び自治令上は口頭でも差し支えないが、本市町村の条例上、督促は、原則として書面を以て行わなければなりません。この段階では、一般的にいって、配達証明付き内容証明郵便による必要はありません。

 

督促状を出す前に、電話による督促をすることは好ましくありません。督促は、前述したように、法的に重要な意味を持つからです。

 

4 督促後の事務処理

 

上記のとおり、督促は法的に重要な意味を持つので、その証拠をきちんと残しておく必要があります。督促したときは、その控えを管理ファイルに綴じ込むとともに、債権管理台帳に備考欄を設け、そこに督促の年月日や督促の方法等を記入するといいでしょう(別途経過票を設けてそこに記載する方式でもよい。)。

 

5 再督促(催告)

 

最初の督促後に電話や書面により督促することは差し支えないし、大いにすべきことです。法的効果は最初の督促によって生じていますので、法的な意味は薄いですが、再督促には弁済を促すという事実上の効果があり、これを期待して行うものです。

 

実際のところ、督促状を送付しただけでは債務者からの応答は殆どないのが実情です(納付することを忘れていた者には効果があります。)。早期償還を求め、あるいは速やかな納付交渉・納付相談を実施するため、必要に応じ数次にわたる督促を行います。書面による督促は次第に厳しい内容のものにしていきます。滞納金の分割納付についても相談に応ずる旨必ず付言します。電話による督促もできるだけ行います。電話による場合も分割納付の相談に応じる旨説明し、来庁を促します。

スポンサードリンク

地方自治体債権の督促の効力とは?その意味と具体的な方法を解説関連ページ

時効が完成した場合、自治体は債務者に請求できるのか?
債務者が破産したとき自治体は請求できるのか?強談威迫にあたる場合
保証債務の時効の起算点は?連帯保証人による時効中断と援用手続き
無資力要件とは?認定資料は何が必要なのか|自治体の債権管理
債権放棄の手続きとは?議決後の通知書と免除の流れの解説
債権の免除の条件と自治法の規定|無資力の定義と認定の条件
商事債権とは?民事債権との違いと商法上の時効などを解説
時効の中断事由の種類とは?催告、請求など|自治体の債権管理を解説
不能欠損と債権放棄の方法とは|手続き理由と処理方法を詳しく解説!
時効の援用とは?放棄の方法と援用権者|公債権と私債権
私債権と公債権の消滅時効とは|定期金はどうなる?自治体の債権管理
自治体債権の時効の基本とは?成立期間、効力、中断、停止などを解説
公債権の時効の起算日はいつ?不納欠損ができる時期とは|自治体債権
財産開示手続の流れと費用は?制度の意義と効果|自治体の債権管理
支払督促の流れとポイント|メリットとデメリット、費用で使い分ける
少額訴訟の流れとメリット・デメリットを解説!通常訴訟への移行は?
裁判、和解?自治体による訴訟の流れとメリットとデメリットとは?
個人民事再生法手続の流れ、不同意の場合の対応|自治体の債権管理
民事再生手続と不同意の場合の債権者の対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れを分かりやすく解説|必要書類と手続きも併せてご紹介
即決和解とは?費用、手続きの流れ、必要書類など|自治体債権管理
破産手続開始書が届いたらどうする?債権者の対応の流れ|自治体債権
立担保、担保取消、仮の地位を定める仮処分の流れ|自治体の債権管理
弁護士から受任通知が届いた!債務整理の対応はどうするべきか?
債権の申出とは?配当要求との違い|自治体の債権管理
担保提供の請求とは?代担保などの事務を解説|自治体の債権管理
履行期限の繰上げの意味とは?納期との違い|自治体の債権管理
公正証書とは何か?作成方法、効果、メリットを解説|自治体債権管理
専決処分とは?意味、メリット、デメリットを解説|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査の方法とは?強制執行の可否|自治体債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?強制執行の流れ|自治体の債権管理
強制執行の種類とは?債権届出の催告書などの流れを解説
履行延期や専決処分において、合意を成立させる場合の注意点とは?
貸金業ガイドラインとは?自治体の私債権管理で使えるポイントを解説
内容証明、電子内容証明、謄本とは?自治体債権管理で使えるポイント
担保権・抵当権とは?実行、競売、申立などの事務を解説|自治体債権
徴収停止とは?できる要件と適用上の問題点を解説|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|納税の折衝などで使えるテクニック
履行延期の特約とは?履行延期、分納誓約と時効との関係を解説
連帯保証人や第三者から代位弁済があった場合はどうなる?自治体債権
自治体債権の収納管理の方法は?調定、納入通知など地方自治法の事務
債権管理の台帳・ファイルの管理方法のコツ|自治体債権管理事務
保証人になる意思確認の方法とは?面前自書の効果は|公務員債権事務
一度自己破産になった人は貸付を受けられるか?自治体の債権事務手引
期限の利益の喪失事由とは?「失期事由」と「請求失期」を徹底解説!
自治体の貸付債権を担保するための、抵当権設定と連帯保証による補充性
自治体の貸付債権とは?その発生原因と貸付の手続き方法を解説
公務員が行う貸付業務のコツ|注意すべき点と事務の流れとテクニック
公務員が扱う債権とは?抑えておきたいポイントと債権管理テクニック
自治体債権の管理事務をするなら抑えておきたい基本法規を解説