公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ

スポンサードリンク

公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ

市町村の貸付条例やその施行規則は、貸付資格、貸付要件等、貸付けについての基本的な事項を定めていますが、貸付けを行う際の事務処理方法の多くの部分が各所管の運用に任されています。

 

以下に、貸付業務に関する運用において、気を付けるべきポイントを紹介します。

 

1 事前相談

 

貸付けの申し込みを受け付けるにあたっては、事前に貸付けを希望する者との間で協議することが望ましいです。その際、パンフレットなどが用意されていると便利です。

 

事前相談の際、多くの所管が面接調査票やチェックシートその他の様式化した書面を用意して相談に当たっていますが、これは相談者から貸付資格や貸付要件にかかわる事実を短時間に要領よく聞き出すことに役立ちます。

 

スポンサードリンク

 

2 本人確認

 

(1)本人確認の必要性

 

貸付申込書や借用書に記載されている借受人とは別の人物が貸付金を受け取っていたということもあり得ます。保証人及び物上保証人が名義を冒用されたという事例も少なくありません。市町村では、貸付申込書を提出させる際、借受人や連帯保証人の住民票、印鑑証明書を提出させ、貸付申込書及び借用書は実印で押捺することを求めています。したがって、人違いの問題を生ずることは殆どないと思われますが、その可能性が全くないとは言えません。そうした事態を回避するため、上記資料を提出させるだけでなく、次のような方策を講ずることが望ましいです。特に、金額の大きい貸付金にあっては、必ず、実施すべきです。

 

(2)本人確認の方法

 

本人確認の方法としては、身分証明書、具体的には、運転免許証、保険証、パスポート、住基カードなどのような、本人にしか発行されない公的書類を要求するのが通常であり、特に、運転免許証や写真入り住基カード、パスポートのように写真の入ったものが望ましい。

 

これらの公的書類は、番号で特定できるので、面談時にこれらのコピーをとるか、最低限、番号を控えるなどして、後日調査の必要が生じた場合に備えることが必要となります。

 

保険証の場合には写真が添付されていないので、可能であれば、写真付きの社員証などを併せて確認するのが望ましい。

 

3 審査

 

(1)一般的審査事項

 

資金を貸し付ける場合、一般的には先ず返済能力が重要な審査項目となります。特に金額の大きい貸付金にあっては、審査は厳格に行うべきです。この場合、収入状況や資産状況だけではなく、負債の状況についてもよく聞いておく必要があります。そして、返済能力に不安がある場合には、原則として貸付けを保留とすべきです。

 

なお、当該貸付制度の目的及びその定め方にもよるが、市町村民の福祉を図るという観点から、貸付けの種類によっては、返済能力に不安があっても貸付けを実施する場合もあります。これはやむを得ない事例です。

 

貸付けの種類にもよるが、借受人の返済能力に不安があるときは、保証人の返済能力についても厳格に審査すべきです。

 

スポンサードリンク

 

4 決定通知書、借用書の記載事項

 

(1)送達に関する条項

 

公債権については、非強制徴収公債権を含め、その徴収に関する書類の送達については地方税の例によるとされ(自治法231条の3W)、通常の取扱いによる郵便又は信書便によって書類を発送した場合には、通常到達すべきであった時に送達があったものと推定することになっています(地方税法20条W)。

 

ところが、私債権についてはこの規定の適用がなく、民法の原則に従うこととなり、意思表示は相手方に到達しないと効力を生じません(民法97条T)。そのため、債務者が住所を変更したり、行方不明になったりした場合は、支払いが滞っていても督促状が届かないし(したがって、時効の中断もできない。)、期限の利益を喪失させることもできず、不都合です。

 

市町村の貸付条例施行規則には届出義務の定めがあり、借受人又は保証人が住所を異動したときは首長に届け出なければならないことになっています。しかし、義務違反の場合の措置についての規定がないため、上記不都合を回避することができません。

 

そこで、借用書や決定通知に上記届出義務を怠った場合には、通常到達すべきときに送達があったものとみなす旨の規定を盛り込むべきです。こうした規定を盛り込むことは施行規則に規定がなくても可能です。

 

(3)担保を提供する義務に関する条項

 

債務者が保証人を立てる義務を負う場合には、保証人が欠けた場合や保証人が弁済する資力を有しなくなったときは(例えば、保証人が破産したとき)、債権者は保証人を付け替えるよう請求できます(民法450条)。

 

市町村の貸付条例の多くが貸付けをする際には保証人を必要としており、借用書に保証人が自署捺印することになっています。金額が大きい貸付けの場合には、借用書の中に保証人が欠けたり、保証人としての要件を満たさなくなったときは、別の保証人を立てるよう請求できる旨の規定を入れておいた方がよい。この点を明記しておけば、債務者が別の保証人を立てることができないときは、期限の利益を失わせることができます(民法137条U)。

 

(4)個人情報に関する事項

 

ひとたび債務不履行が生じてからでは債務者から資産・負債の状況や収入状況情報を得ることはなかなか難しい。そこで、債務者本人以外の者から情報を入手する必要が生じますが、入手先が遵守すべき個人情報保護法、個人情報保護条例、他の法令に定める守秘義務による制約があって、債務者本人以外の者から情報を入手することに困難を伴うことが多いのも事実です。

 

そこで、貸付けをする際に、不履行があった場合には、債務者本人以外の者(保証人を含む。)から与信管理に係る個人情報を入手することについて同意する旨の、また、与信管理に係る個人情報の提出を求められた場合には、これに協力する旨の、そして協力を怠った場合には期限の利益を喪失させることができる旨の条項を設けておくことを検討すべきです。

スポンサードリンク

公務における貸付業務の注意点と基本的な流れ関連ページ

新公会計制度の財務諸表の具体的な活用方法とは
時効が完成した場合の請求の可否は?|自治体の債権管理
個人である債務者が破産した場合における債務者に対する請求の可否は
保証人がいる場合、消滅時効はどのようになるのか|自治体の債権管理
資力要件と認定資料について|自治体の債権管理
債権放棄できる条件と手続き方法とは|自治体の債権管理
債権の免除の条件と自治法の規定|自治体の債権管理
民事債権と商事債権の区別の基準とは|自治体の債権管理
時効の中断事由にはどんな種類があるか|自治体の債権管理
欠損処理の対象と方法とは|自治体の債権管理
時効の援用・放棄の方法とは|自治体の債権管理
消滅時効期間は長さとは|自治体の債権管理
時効制度の趣旨と意義とは|自治体の債権管理
時効の起算点はいつか|自治体の債権管理
財産開示手続の費用と流れとは|自治体の債権管理
支払督促の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
少額訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
訴訟の流れとメリット・デメリットとは|自治体の債権管理
個人民事再生手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
民事再生手続と債権者としての対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れと必要書類とは|自治体の債権管理
即決和解の費用と流れ、必要書類など|自治体の債権管理
破産手続の流れと債権者としての対応|自治体の債権管理
保全処分の流れとは|自治体の債権管理
弁護士から債務整理の受任通知が届いた時の対応方法|自治体債権管理
債権の申出をする場合とは|自治体の債権管理
担保提供の請求|自治体の債権管理
履行期限の繰上げ|自治体の債権管理
公正証書とは何か。どのように作成するのか|自治体の債権管理
専決処分に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査|自治体の債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?|自治体の債権管理
強制執行の種類と流れとは|自治体の債権管理
合意を成立させる場合の注意点|自治体の債権管理
貸金業ガイドラインとは|自治体の私債権管理で使えるポイント
内容証明郵便とは|公務ではどのような場合に使うのか、作成方法は?
担保権(抵当権)の実行の方法と費用など|自治体の債権管理
徴収停止の要件と適用上の問題点とは|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|自治体の債権管理
督促の方法と法的効果とは|自治体の債権管理
履行延期の特約等について|自治体の債権管理
連帯保証人その他の第三者から弁済を受けた場合の処理方法は?
公務における債権のおすすめな収納管理の方法
公務における債権管理の際の台帳・ファイルの管理方法
保証人になろうとする者の意思確認はどうずればよいか|公務員貸付
過去に破産免責になった人へ貸し付けてもよいか|公務員の貸付業務
期限の利益の喪失条項とは?喪失事由とは?|公務員の貸付業務
自治体の貸付債権を担保する、連帯保証人と抵当権の設定とは
自治体の貸付債権の発生原因と、貸付の手続き方法
公務における債権の意義と債権管理の基本原則とは
自治体債権の管理に関する基本法規とは