時効が完成した場合、自治体は債務者に請求できるのか?

スポンサードリンク

時効が完成した場合、自治体は債務者に請求できるのか?

1 消滅時効が完成しているか否かの確認

 

当該債権について、消滅時効が完成しているか否かを確認する。一部弁済は時効中断事由になるので、先ず、最終支払日をチェックする。最終支払日を起算点とすると時効が完成している場合であっても、その後の債務者との面会若しくは電話でのやりとりにおいて、債務者が支払猶予や分割納付を申し出ている場合もある。申し出ていたとすれば、それも時効中断事由になる(同上)。

 

2 時効が完成しているかいないか明らかとはいえないとぎの措置

 

法律上の時効期間が明確でないことにより(例えば、私債権なのか公債権なのか一致した見解が判例等により示されていない場合など)、あるいは、時効の起算日が特定できないことにより(時効中断事由にあたるか否か確証が持てない場合など)、時効が完成しているか否かについて見解が分かれるようなケースは少なくないと思われる。

 

その場合の採るべき措置についてであるが、以下、債務者の所在が判明している場合と、債務者が行方不明である場合に分けて検討する。

 

スポンサードリンク

 

(1)債務者の所在が判明しているとき

 

この場合は、当面、時効が完成していないものとして扱うのが妥当である。即ち、債務者に面会を求め、あるいは電話するなりして催告し、弁済を促す。それに応じて債務者が一部弁済したり、支払猶予を求めてきた場合は、それが時効中断になり、若しくは、時効利益の放棄、時効援用権の喪失となって、時効はそのときから新たに進行する。この場合、債務を承認する旨記載した書面を用意して債務者に署名捺印を求める(当該書面を公証役場に持ち込み、公証人に日付印(確定日付)を押捺してもらうとよい。)。何らかの理由で債務者が署名捺印を拒否した場合は、上記書面の署名捺印に代えて、担当職員が面談結果報告書を作成し、面談の日時、面談内容等を記載し、債務承認があったことを記録として残す。上記場合は、以後、他の滞納債権と同様に扱うことになる。

 

これに反し、債務者が面談を拒否したり、債務者が時効の完成を主張してきたときは、改めて時効が完成しているかどうか精査する必要がある。

 

@)この場合、決裁権者を交えて、場合によっては弁護士を入れて、検討する。

 

A)その結果、時効が完成していると判断するときは、時効を援用する旨記載した書面を用意したうえ、債務者に署名捺印を求める。何らかの理由で債務者が署名捺印を拒否した場合は、上記書面の署名捺印に代えて、担当職員が面談結果報告書を作成し、面談の日時、面談内容等を記載し、債務者が時効を援用したことを記録として残す。この場合は、債務者の時効援用により、確定的に債務が消滅したのであるから、債権放棄の手続きは不要である。以後、欠損処理をすることになる。

 

債務者が面談を拒否した場合は、時効を援用するか否か債務者の意思が定かであるとはいえないので、放棄の手続きを採る。最終支払日から10年(商事債権、非強制徴収公債権については5年)以上も経過しているのに、その間、何の手立ても講じていない以上(債務者に電話等により連絡を取っていれば、弁解するなり、支払猶予を求めるなりしていたはずである。)、そのうえ債務者が支払いの意思を示していない以上、債権放棄もやむを得ない。

 

スポンサードリンク

 

B)時効が完成しているかどうか判断がつかないときは調停を申し立てるのが相当である。調停が成立するかも知れないし(もし、時効が完成していない場合は、調停申立てが時効中断事由になる。民法147条@、151条)、相手方の主張の根拠や手持ち証拠が明らかになることが多いからである。一部減額を含め、できるだけ調停を成立させるようにする。

 

C)上記B)の調停が不調に終わったときは、訴訟を提起すべきか否か、調停の経過を踏まえて判断する。訴訟を提起するときは1ケ月以内に提起する(民法151条参照)。

 

敗訴の見込みが高いと判断したことにより、若しくは勝訴しても回収の見込みがないと判断したことにより、訴訟を提起しないことにしたときは、明らかな時効完成を待って放棄の手続きを採る。

 

D)上記@)の検討の結果、時効が完成していないと判断したときは、訴訟を提起してもよいが、先ず調停を起こしてみるとよい。この場合は、減額を認める調停はしないのを原則とする(ケースによって利息、遅延損害金の減額は認めてもよいのではないか。)。

 

E)上記D)の調停が不調に終わったときは、1ケ月以内に訴訟を提起する。但し、勝訴しても回収の見込みがないと判断して訴訟を提起しないことにしたときは、放棄の手続きを採る。

 

F)上記A)C)、E)において放棄の手続きを採ることとした場合は、欠損処理をする。

 

(2)債務者の所在が不明であるとき

 

@)上記(1)、@)と同様である。

 

A)その結果、時効が完成していると判断するときは、放棄の手続きを採る。

 

B)上記@)の検討の結果、時効が完成しているかどうか判断がつかないときは、回収の可能性の有無により訴訟を提起すべきかどうかを決する。

 

スポンサードリンク

 

回収の可能性があるときは訴訟を提起する(訴状の送達ができないので、民法98条による公示送達の手続きを採る。)。

 

回収の可能性がないときは、明らかな時効の完成を待って放棄の手続きを採る。

 

C)上記@)の検討の結果、時効が完成していないと判断するときも上記B)と同様である。

 

D)上記A)、B)、C)において放棄の手続きを採ることとした場合は、欠損処理をする。

 

3 時効が完成していることが明らかな場合の措置

 

この場合も、債務者の所在が判明している場合と、債務者が行方不明である場合に分けて検討する。

 

(1)債務者の所在が判明しているとき

 

@)電話や面会により債務者の意向を確認するのが先決である。

 

A)債務者が支払猶予を求めるなどして支払いの意向を示したときは、債務を承認する旨記載した書面に署名捺印を求める。何らかの理由で債務者が署名捺印を拒否した場合は、上記書面の署名捺印に代えて、担当職員が面談結果報告書を作成し、面談の日時、面談内容等を記載し、債務承認があったことを記録として残す。この場合は、以後、他の滞納債権と同様に扱うことになる。

 

B)これに反し、債務者が面談を拒否したり、債務者が時効の完成を主張してきたときは、上記2、(1)、A)と同じである。

 

(2)債務者の所在が不明であるとき

 

放棄の手続きを採る。この場合は欠損処理をする。

スポンサードリンク

時効が完成した場合、自治体は債務者に請求できるのか?関連ページ

債務者が破産したとき自治体は請求できるのか?強談威迫にあたる場合
保証債務の時効の起算点は?連帯保証人による時効中断と援用手続き
無資力要件とは?認定資料は何が必要なのか|自治体の債権管理
債権放棄の手続きとは?議決後の通知書と免除の流れの解説
債権の免除の条件と自治法の規定|無資力の定義と認定の条件
商事債権とは?民事債権との違いと商法上の時効などを解説
時効の中断事由の種類とは?催告、請求など|自治体の債権管理を解説
不能欠損と債権放棄の方法とは|手続き理由と処理方法を詳しく解説!
時効の援用とは?放棄の方法と援用権者|公債権と私債権
私債権と公債権の消滅時効とは|定期金はどうなる?自治体の債権管理
自治体債権の時効の基本とは?成立期間、効力、中断、停止などを解説
公債権の時効の起算日はいつ?不納欠損ができる時期とは|自治体債権
財産開示手続の流れと費用は?制度の意義と効果|自治体の債権管理
支払督促の流れとポイント|メリットとデメリット、費用で使い分ける
少額訴訟の流れとメリット・デメリットを解説!通常訴訟への移行は?
裁判、和解?自治体による訴訟の流れとメリットとデメリットとは?
個人民事再生法手続の流れ、不同意の場合の対応|自治体の債権管理
民事再生手続と不同意の場合の債権者の対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れを分かりやすく解説|必要書類と手続きも併せてご紹介
即決和解とは?費用、手続きの流れ、必要書類など|自治体債権管理
破産手続開始書が届いたらどうする?債権者の対応の流れ|自治体債権
立担保、担保取消、仮の地位を定める仮処分の流れ|自治体の債権管理
弁護士から受任通知が届いた!債務整理の対応はどうするべきか?
債権の申出とは?配当要求との違い|自治体の債権管理
担保提供の請求とは?代担保などの事務を解説|自治体の債権管理
履行期限の繰上げの意味とは?納期との違い|自治体の債権管理
公正証書とは何か?作成方法、効果、メリットを解説|自治体債権管理
専決処分とは?意味、メリット、デメリットを解説|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査の方法とは?強制執行の可否|自治体債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?強制執行の流れ|自治体の債権管理
強制執行の種類とは?債権届出の催告書などの流れを解説
履行延期や専決処分において、合意を成立させる場合の注意点とは?
貸金業ガイドラインとは?自治体の私債権管理で使えるポイントを解説
内容証明、電子内容証明、謄本とは?自治体債権管理で使えるポイント
担保権・抵当権とは?実行、競売、申立などの事務を解説|自治体債権
徴収停止とは?できる要件と適用上の問題点を解説|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|納税の折衝などで使えるテクニック
地方自治体債権の督促の効力とは?その意味と具体的な方法を解説
履行延期の特約とは?履行延期、分納誓約と時効との関係を解説
連帯保証人や第三者から代位弁済があった場合はどうなる?自治体債権
自治体債権の収納管理の方法は?調定、納入通知など地方自治法の事務
債権管理の台帳・ファイルの管理方法のコツ|自治体債権管理事務
保証人になる意思確認の方法とは?面前自書の効果は|公務員債権事務
一度自己破産になった人は貸付を受けられるか?自治体の債権事務手引
期限の利益の喪失事由とは?「失期事由」と「請求失期」を徹底解説!
自治体の貸付債権を担保するための、抵当権設定と連帯保証による補充性
自治体の貸付債権とは?その発生原因と貸付の手続き方法を解説
公務員が行う貸付業務のコツ|注意すべき点と事務の流れとテクニック
公務員が扱う債権とは?抑えておきたいポイントと債権管理テクニック
自治体債権の管理事務をするなら抑えておきたい基本法規を解説