少額訴訟の流れとメリット・デメリットを解説!通常訴訟への移行は?

スポンサードリンク

少額訴訟の流れとメリット・デメリットを解説!通常訴訟への移行は?

少額訴訟とは

少額訴訟とは、少額の金銭請求について、審理手続を簡易化して迅速な裁判を実現する手続きです。通常訴訟と異なる部分について、民訴法に特則が定められています(民訴法第6編)。

 

少額訴訟のメリットとデメリット

少額訴訟のメリットとして次の点があげられます。
@)手続きが簡易・迅速で、裁判は原則として1回で終了し(民訴法370条T)、その場で判決がなされる(民訴法374条)。
A)通常訴訟と異なり、支払猶予や分割払の判決もできる(民訴法375条)。
B)仮執行宣言は裁判所の職権で付され、必ず仮執行宣言が付くので即時に強制執行ができる(民訴法376条)。

 

逆に、デメリットとして次の点があげられます。
@)60万円以下の金銭請求に限られる(民訴法368条T)。
A)公示送達によることはできないので、債務者が居所不明の場合には利用できない(民訴法373条VB)。
B)同一の簡易裁判所に対する利用回数は、同一年に10回までに制限される(民訴法368条T、民訴法規則223条)。

 

スポンサードリンク

 

少額訴訟を選択すべぎ場面

少額訴訟は平成10年から始まった比較的新しい制度で、少額の金銭トラブルを簡易・迅速に解決するための制度であり、本来弁護士を代理人につけない本人訴訟を予定した手続きです。

 

利用回数が年間10回に限定されていることから明らかなように、多数の債務者を抱える債権者にとっては有用な制度ではなく、実際に利用することはないと思われます。

 

手続きの概要と通常訴訟への移行

(1)少額訴訟の提起
簡易裁判所に定型の訴状が用意されている。なお、訴状には少額訴訟による裁判を求めた回数を記載することを要する(民訴法368条V)。

 

(2)通常訴訟への移行
被告は最初の口頭弁論期日までに、通常訴訟への移行を申し出ることができる。申出がなされると、その時点で通常訴訟に移行する(民訴法373条)。

 

(3)口頭弁論期日
証拠書類や証人はその場で即時に調べることができるものに限られる(民訴法371条)。

 

(4)判決
原則として、最初の口頭弁論期日で審理は終了し(民訴法370条T)、その場で判決が言い渡される。

 

(5)不服申立て
通常訴訟と異なり、判決に対する不服申立ては、同一簡易裁判所に対する異議申立てに限られ、控訴はできない(民訴法378条)。

スポンサードリンク

少額訴訟の流れとメリット・デメリットを解説!通常訴訟への移行は?関連ページ

時効が完成した場合、自治体は債務者に請求できるのか?
債務者が破産したとき自治体は請求できるのか?強談威迫にあたる場合
保証債務の時効の起算点は?連帯保証人による時効中断と援用手続き
無資力要件とは?認定資料は何が必要なのか|自治体の債権管理
債権放棄の手続きとは?議決後の通知書と免除の流れの解説
債権の免除の条件と自治法の規定|無資力の定義と認定の条件
商事債権とは?民事債権との違いと商法上の時効などを解説
時効の中断事由の種類とは?催告、請求など|自治体の債権管理を解説
不能欠損と債権放棄の方法とは|手続き理由と処理方法を詳しく解説!
時効の援用とは?放棄の方法と援用権者|公債権と私債権
私債権と公債権の消滅時効とは|定期金はどうなる?自治体の債権管理
自治体債権の時効の基本とは?成立期間、効力、中断、停止などを解説
公債権の時効の起算日はいつ?不納欠損ができる時期とは|自治体債権
財産開示手続の流れと費用は?制度の意義と効果|自治体の債権管理
支払督促の流れとポイント|メリットとデメリット、費用で使い分ける
裁判、和解?自治体による訴訟の流れとメリットとデメリットとは?
個人民事再生法手続の流れ、不同意の場合の対応|自治体の債権管理
民事再生手続と不同意の場合の債権者の対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れを分かりやすく解説|必要書類と手続きも併せてご紹介
即決和解とは?費用、手続きの流れ、必要書類など|自治体債権管理
破産手続開始書が届いたらどうする?債権者の対応の流れ|自治体債権
立担保、担保取消、仮の地位を定める仮処分の流れ|自治体の債権管理
弁護士から受任通知が届いた!債務整理の対応はどうするべきか?
債権の申出とは?配当要求との違い|自治体の債権管理
担保提供の請求とは?代担保などの事務を解説|自治体の債権管理
履行期限の繰上げの意味とは?納期との違い|自治体の債権管理
公正証書とは何か?作成方法、効果、メリットを解説|自治体債権管理
専決処分とは?意味、メリット、デメリットを解説|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査の方法とは?強制執行の可否|自治体債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?強制執行の流れ|自治体の債権管理
強制執行の種類とは?債権届出の催告書などの流れを解説
履行延期や専決処分において、合意を成立させる場合の注意点とは?
貸金業ガイドラインとは?自治体の私債権管理で使えるポイントを解説
内容証明、電子内容証明、謄本とは?自治体債権管理で使えるポイント
担保権・抵当権とは?実行、競売、申立などの事務を解説|自治体債権
徴収停止とは?できる要件と適用上の問題点を解説|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|納税の折衝などで使えるテクニック
地方自治体債権の督促の効力とは?その意味と具体的な方法を解説
履行延期の特約とは?履行延期、分納誓約と時効との関係を解説
連帯保証人や第三者から代位弁済があった場合はどうなる?自治体債権
自治体債権の収納管理の方法は?調定、納入通知など地方自治法の事務
債権管理の台帳・ファイルの管理方法のコツ|自治体債権管理事務
保証人になる意思確認の方法とは?面前自書の効果は|公務員債権事務
一度自己破産になった人は貸付を受けられるか?自治体の債権事務手引
期限の利益の喪失事由とは?「失期事由」と「請求失期」を徹底解説!
自治体の貸付債権を担保するための、抵当権設定と連帯保証による補充性
自治体の貸付債権とは?その発生原因と貸付の手続き方法を解説
公務員が行う貸付業務のコツ|注意すべき点と事務の流れとテクニック
公務員が扱う債権とは?抑えておきたいポイントと債権管理テクニック
自治体債権の管理事務をするなら抑えておきたい基本法規を解説