保証債務の時効の起算点は?連帯保証人による時効中断と援用手続き

スポンサードリンク

保証債務の時効の起算点は?連帯保証人による時効中断と援用手続き

1 時効期間

 

主たる債務が商事債権であれば、保証債務も商事債権となる(商法3条U)。したがって、その場合の消滅時効期間は5年である(商法522条)。

 

2 時効の中断

 

時効の中断は、当事者及びその承継人の間においてだけ生ずる(民法148条)。

 

保証人の保証債務は、主たる債務とは別個独立債務なので、上記規定により、主たる債務者に対する時効の中断は保証債務に影響を及ぼさない、逆に、保証人に対する時効の中断は主たる債務に影響を及ぼさない、というのが原則だということになる。しかし、主たる債務者と保証人とは特殊な関係にあるので、相互に影響することに注意する必要がある。

 

(1)主たる債務者に対する時効中断の効力が保証債務に影響を及ぼすか。

 

民法457条1項は、「主たる債務者に対する履行の請求その他の事由による時効の中断は、保証人に対しても、その効力を生ずる。」と規定している。保証債務は、主たる債務の変更に応じてその内容を変更し、常に現時における主たる債務を担保すべきだからである(*)。保証債務のこの性質も附従性の一内容とされる。それ故、主たる債務者に対する全ての時効中断事由は保証人に対しても効力を生ずる。

 

(* 但し、主たる債務の成立後に債権者と主たる債務者との合意によって特に加えられた変更は、主たる債務の目的または態様を軽くするものは保証人に効力を及ぼしてその責任を軽くするが、これを重くするものは保証人に効力を及ぼさない(我妻栄「新訂債権総論(民法講義W)」484頁(岩波書店)参照))

 

スポンサードリンク

 

ところで、民法は、主たる債務者又は連帯保証人について生じた事由の効力について、連帯債務に関する434条ないし440条の規定を準用する旨定めている(458条)。そうすると、連帯保証人の場合は、普通の保証人と異なり、上記連帯債務の規定によるべきことになるかのようである。

 

しかし、連帯保証人も保証人であり、主たる債務者について生じた履行の請求その他の時効中断事由は、附従性の理論により決すべきであり、4の規定ではなく、上記457条1項によるとするのが相当である。したがって、主たる債務者について時効中断事由は、全て連帯保証人に対して効力を生ずる(判例、通説である(前掲・我妻栄500頁参照))。

 

 

 

(2)保証人に対する時効中断の効力は主たる債務に影響するか。

 

民法148条の原則に従い、保証人に対する時効中断の効力は主たる債務者に効力を及ぼさない。

 

但し、連帯保証の場合はそうではなく、上記連帯債務の規定によることとなる。連帯債務者の1人に対する履行の請求は、他の連帯債務者に対しても、その効力を生ずる(民法434条)。それ故、連帯保証人に対する履行の請求は主たる債務者についても効力を及ぼす。

 

ここにいう「履行の請求」は、判例によれば、民法147条1号の「請求」のことをいう。したがって、裁判上の請求、支払督促、和解及び調停の申立て、破産手続参加、催告による時効の中断は主たる債務者に効力を及ぼすが、差押え、仮差押え又は仮処分、承認による時効中断は主たる債務者に効力を及ぼさない。

 

3 時効の援用・放棄

 

(1)援用権

 

主たる債務について時効が完成した場合、保証債務は、主たる債務が消滅すれば存立の基礎を失って当然消滅するものだから、保証人は主たる債務の時効完成を援用することができる(判例によれば、時効により直接に義務を免れるからということになる。)。

 

(2)援用・放棄の相対効

 

援用・放棄の効果は相対的・個別的であるから、主たる債務について主債務者が時効の利益を放棄しても、保証人は、自分に対する関係で、援用して保証債務の履行を免れることができる。

 

では、主債務者が時効の利益を援用した場合はどうか。

 

援用・放棄の効果は相対的・個別的であるから、主たる債務者が時効を援用して債務が消滅しても、保証人との関係では、主たる債務が存在しているので、援用しても放棄してもよいことになる。

 

もっとも、主たる債務が確定的に消滅したときは、保証債務は存在し得ないと解すると(附従性を厳格に考える見解)、保証債務は自動的に消滅するから時効の援用・放棄はあり得ないということになるであろう。しかし、判例はそのような見解を採っていないようである(前掲・我妻栄481頁)。

 

但し、放棄したときは保証債務を履行することになるが、主たる債務者に求償できないと解すべきである。

 

保証債務について時効が完成した場合には、保証人は、主たる債務の時効完成の有無にかかわりなく、保証債務の時効完成を援用して保証債務の履行を免れることができる。

スポンサードリンク

保証債務の時効の起算点は?連帯保証人による時効中断と援用手続き関連ページ

時効が完成した場合、自治体は債務者に請求できるのか?
債務者が破産したとき自治体は請求できるのか?強談威迫にあたる場合
無資力要件とは?認定資料は何が必要なのか|自治体の債権管理
債権放棄の手続きとは?議決後の通知書と免除の流れの解説
債権の免除の条件と自治法の規定|無資力の定義と認定の条件
商事債権とは?民事債権との違いと商法上の時効などを解説
時効の中断事由の種類とは?催告、請求など|自治体の債権管理を解説
不能欠損と債権放棄の方法とは|手続き理由と処理方法を詳しく解説!
時効の援用とは?放棄の方法と援用権者|公債権と私債権
私債権と公債権の消滅時効とは|定期金はどうなる?自治体の債権管理
自治体債権の時効の基本とは?成立期間、効力、中断、停止などを解説
公債権の時効の起算日はいつ?不納欠損ができる時期とは|自治体債権
財産開示手続の流れと費用は?制度の意義と効果|自治体の債権管理
支払督促の流れとポイント|メリットとデメリット、費用で使い分ける
少額訴訟の流れとメリット・デメリットを解説!通常訴訟への移行は?
裁判、和解?自治体による訴訟の流れとメリットとデメリットとは?
個人民事再生法手続の流れ、不同意の場合の対応|自治体の債権管理
民事再生手続と不同意の場合の債権者の対応方法|自治体の債権管理
民事調停の流れを分かりやすく解説|必要書類と手続きも併せてご紹介
即決和解とは?費用、手続きの流れ、必要書類など|自治体債権管理
破産手続開始書が届いたらどうする?債権者の対応の流れ|自治体債権
立担保、担保取消、仮の地位を定める仮処分の流れ|自治体の債権管理
弁護士から受任通知が届いた!債務整理の対応はどうするべきか?
債権の申出とは?配当要求との違い|自治体の債権管理
担保提供の請求とは?代担保などの事務を解説|自治体の債権管理
履行期限の繰上げの意味とは?納期との違い|自治体の債権管理
公正証書とは何か?作成方法、効果、メリットを解説|自治体債権管理
専決処分とは?意味、メリット、デメリットを解説|自治体の債権管理
履行延期の特約等に関する適用上の問題点|自治体の債権管理
債務者や保証人の財産調査の方法とは?強制執行の可否|自治体債権管理
債務者が死亡したときの対応は?相続人の探し方|自治体の債権管理
どんな場合に強制執行するのか?強制執行の流れ|自治体の債権管理
強制執行の種類とは?債権届出の催告書などの流れを解説
履行延期や専決処分において、合意を成立させる場合の注意点とは?
貸金業ガイドラインとは?自治体の私債権管理で使えるポイントを解説
内容証明、電子内容証明、謄本とは?自治体債権管理で使えるポイント
担保権・抵当権とは?実行、競売、申立などの事務を解説|自治体債権
徴収停止とは?できる要件と適用上の問題点を解説|自治体の債権管理
納付交渉・納付相談のやり方|納税の折衝などで使えるテクニック
地方自治体債権の督促の効力とは?その意味と具体的な方法を解説
履行延期の特約とは?履行延期、分納誓約と時効との関係を解説
連帯保証人や第三者から代位弁済があった場合はどうなる?自治体債権
自治体債権の収納管理の方法は?調定、納入通知など地方自治法の事務
債権管理の台帳・ファイルの管理方法のコツ|自治体債権管理事務
保証人になる意思確認の方法とは?面前自書の効果は|公務員債権事務
一度自己破産になった人は貸付を受けられるか?自治体の債権事務手引
期限の利益の喪失事由とは?「失期事由」と「請求失期」を徹底解説!
自治体の貸付債権を担保するための、抵当権設定と連帯保証による補充性
自治体の貸付債権とは?その発生原因と貸付の手続き方法を解説
公務員が行う貸付業務のコツ|注意すべき点と事務の流れとテクニック
公務員が扱う債権とは?抑えておきたいポイントと債権管理テクニック
自治体債権の管理事務をするなら抑えておきたい基本法規を解説